新車の乗り換えで誰よりも得をしよう

新車を乗り換えるならこうしなさい

新車を乗り換えるなら、「2年が良いよ」「いえいえ3年だよ」「違うよ、乗りつぶしだよ」そんな声が聞こえてきます。
実際は、どうなのでしょうか?

 

私は、友人にいつも良い車を乗っているので金回りが良いと思われています。
しかし実際は、そんなに給料が高い訳ではありません。
ただ、車が好きですから優先して考えてきましたので、他の方より少しは多く払ってきたのは事実です。

 

最初に購入する車の支払いは大変で、それさえ乗り切れればその後は新車乗り換えは大丈夫という人がいますが、実際は最初の1台で無理をする事は出来ません。
その時は、若いですから給料が安いですし。

 

私の場合は、年齢が現在40歳ですが27歳の時に、あるキッカケがありました。
たまたま買った中古のエスティマが乗り換えの時に高く売れたのです。
1年落ちで2001年に購入、2003年に売却しました。
その頃に、ガリバーとかアップルとかの車を買取する専門店が目立ち始め、何店舗も回って査定をしてもらいました。
現在も査定は行っていますが、どこの業者さんとは言わないですが、しつこい業者さんもありました(苦笑)

 

そこで、1社がずば抜けて高い金額を出してきたのです。
他社よりも40万円アップです。
ディーラーの下取り価格との比較では、その差はもっと大きくなります。

 

そして、その時に悟ったのは、「ディーラーの下取りって安いんじゃないか?」という事ですね。
今では、インターネットの普及でそういった情報は手に入りますが、当時はほんの一握りの人しか知らない情報だったのです。

迷った挙句に次に買ったのは新車でした。

新車に乗り換える
文字にして書くと、大した感動もありませんが、一生新車なんて乗れないと思っていました。
買取店に、査定してもらった金額は1週間限定です。
つまり査定有効期限があったのです。
この一週間は本当に悩みました。

 

そこで、交渉していたディーラーに行ったのですが、下取りを出さなければ値引きは少なくなると思っていました。
しかし、よくよく考えるとそれもおかしな話だと思い、2つのディーラーを攻める方法に切り替えました。

 

つまり、ヴォクシーとノア、アルファードとヴェルファイアのような兄弟車で販売網が違う店に目を付けました。
私は、ヴォクシーとノアの交渉をディーラーと始めました。

 

最終的には、ヴォクシーを購入して、実質負担金は100万円弱でした。
エスティマが先に述べたように40万円高く売れたのですが、下取りと比べると60万円の差でした。
つまり、飛びぬけて高い買い取り店は1社でしたが、平均でも20万円は高くなっているのです。

新車の乗り換えをまとめてみると

新車の乗り換えをまとめてみると

 

1.とにかく寝落ちの少ない車を購入する。
人気ミニバン、軽自動車は寝落ちが少ない。

 

2.新車から新車に乗り換えする時は、車検の半年前がベストの時期

 

3..下取りは間違いなく安いので車買取専門店に売る
それで、新車の値引きは下取りが無いと出来ないもしくは少ないというディーラーとは付き合わない。

 

4.新車購入は2店舗を攻める事
(だいたい安くなる傾向は決まっています)

 

以上4点を守れば、うまく回っていき新車乗り換えの負担も少なくなるでしょう。

 

また、補足として、一番車の費用を抑えるのは乗り潰す事です。
ただ、新しい車に乗っていきたい方には向きませんし、ある程度の年齢になった時に、下取りや査定無しの状態から300万円や400万円の新車を買うのは、非常に抵抗があると思います。

 

補足の2点目として、新車の値引きで粘るのであれば、買取を粘った方がはるかにお得です。
そして、最高額の査定を手にするには、一括査定という便利なサイトがあります。

 

その中で、私が使って高い査定金額が出やすいサイトが以下の3サイト
1サイト5分程度の入力ですが、1サイトを使って表示される業者はだいたい5社くらいです。
最初は、たくさんの業者と接点を持って、最終的に3〜5社に絞って査定をしてもらいます。

 

ですから、1サイトでは足りないので、おすすめの査定サイトの中から2サイト選んで一括査定をしてもらいましょう。
2サイトの一括査定をしても10分程度です。
自分の車ってどれくらいの相場だろうという軽い気持ちで始めてみてください。

 

 

 人気一番の一括査定サイト

 

ズバット車買取はこちらから

 

 手間が少ない簡単入力

 

かんたん査定はこちらから

 

 安心感抜群の雑誌でおなじみ

 

カーセンサーはこちら

 

 専門色が強い老舗の一括査定サイト
楽天の公式サイトはコチラ